家庭用ゲーム審査機関CEROが5月6日まで全業務停止でゲーム発売に影響懸念

CERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)が2020年4月8日から5月6日まで、審査業務を全て停止すると発表。理由は新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を受け、東京都による外出自粛要請に応じたかたちだ。

臨時休業のお知らせ

2020-04-07

政府の新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を受け、東京都知事より5月6日までの外出自粛要請がなされました。本機構では外部審査員が事務所に来訪して審査を行なう方式であるため、職員や審査員の在宅での審査業務はできかねます。

そのため、審査(審査中のものを含む)をはじめとする全ての業務を、4月8日より5月6日まで止むを得ず休止させていただきます。事務局はその間は閉鎖いたしますので郵便物や宅配便などの審査資料の受け取りはできかねます。なお、5月7日以降の業務の再開については、改めてホームページにてお知らせいたします。

関係の皆様には多大なご負担をおかけして誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解をいただきますようお願いいたします。

出典:CERO 臨時休業のお知らせ
https://otakunewsdigest.com/wp-content/uploads/2020/04/ond-fukidasiicon1.png

家庭用ゲームソフトの年齢別レーティング審査がされないということは、テレビゲームソフトの発売が実質できないということ。今後CEROの業務だけではなく、外出自粛による開発の遅れが、発売予定日の遅延に影響をおよぼしていきそう。

コメント

コメントする