アニメ・漫画・ゲーム・IT・時事ネタを中心とした話題を簡潔にまとめた情報ブログ

iPhone SE 2が日本のスマホ市場を席巻

「BCNランキング」におけるスマートフォンの実売台数ランキングの2020年5月13日日次集計データが発表され、iPhone SE 第二世代がベスト10中6台を占めた。

1位 iPhone SE 64GB(SoftBank)(アップル)
2位 iPhone SE 64GB(au)(アップル)
3位 iPhone SE 64GB(NTT docomo)(アップル)
4位 AQUOS sense3 SH-02M(シャープ)
5位 iPhone SE 128GB(au)(アップル)
6位 AQUOS sense3 SH-M12(シャープ)
7位 P30 lite(Y!mobile)(Huawei Technologies)
8位 iPhone 11 128GB(au)(アップル)
9位 Reno A 64GB(OPPO)
10位 iPhone SE 128GB(SoftBank)(アップル)

ミドルレンジ価格帯のiPhoneがいかに望まれていたかがわかるランキング結果。
iPhone SEのサイズ感と値ごろ感を待ち望んでいたユーザーはもちろん、近年のiPhoneは10万円台の高価格帯が中心であり、格安SIMユーザーを中心にスマホ端末にそこまでの機能は不要だったりお金をかけたくないユーザー層がアンドロイドに移る傾向があったが、それらのユーザーが戻ってきたのではないでしょうか。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です